桑の葉青汁の効果

桑の葉青汁の効果

桑の葉青汁の効果

桑の葉とは

桑の葉とは世界中に自生していて、中国では古くから桑の葉だけではなく茎や皮、根も漢方薬として使用されてきました。特に根の部分は効能が高いと言われています。日本では長寿の薬として鎌倉時代に伝えられ、古くから養蚕の際に蚕のエサとして使用されてきました。そのため、養蚕が盛んな地域では昔からお茶として飲まれてきていたものです。その桑の葉には多くの健康に効果のある成分があることがわかってきました。
ビタミンやミネラル、食物繊維やギャバのほかに、桑の葉独自の成分である1-デオキシノジリマイシンが含まれています。それらの成分による便秘解消効果や高血圧の改善効果があります。その中でも1-デオキシノジリマイシンは小腸で糖の吸収を遅らせる効果があり、血糖値の上昇を抑えることで糖尿病の予防効果が期待されています。通常の血糖値を下げる薬だと摂取を続けることで血糖値が上がらなくなり低血糖を起こすこともあるのですが、1-デオキシノジリマイシンは継続摂取をしても低血糖を起こさないという特徴があります。また、血糖値が上昇しないことにより、ダイエットへの効果も期待されています。過剰摂取による副作用は重篤なものは報告されていませんが、お腹がはる、おならが出ると言った報告例があります。

桑の葉の成分

桑の葉は、その実や枝そして根の皮なども含め昔から漢方に用いられていて、日本でも鎌倉時代あたりから薬として使われるようになっていました。とてもたくさんの栄養成分が含まれていることが分かっており、ビタミンやミネラルが多く存在しています。中でもカルシウムが豊富で、小松菜の1.5倍ほど含まれています。また、日本人が不足しがちな鉄分も入っていて、納豆の15倍ほどになります。

 

近年桑の葉が注目されている成分に、DNJがあります。血糖値の上昇を抑える働きが期待でき、糖分の吸収を緩やかにします。このため、糖尿病の患者や肥満の人に対して有効的で、症状の緩和などが期待されています。また、GABAも含まれており、血圧の上昇も防ぐ作用が期待できるほか、食物繊維も豊富です。

 

健康維持や生活習慣病などの改善などに有効性が期待できるため、毎日の生活に取り入れると効果的であり、桑の葉をお茶にして飲む方法があります。味が苦手という人は他の植物や野菜と一緒になっている青汁を飲むようにすると良く、牛乳などに混ぜることができるため飲みやすくなります。青汁も無理という人は、比較的簡単に飲めるサプリメントで桑の葉を摂取することができます。

桑の葉でダイエットできるのか

桑の葉は昔からダイエット商品に使われてきました。
カロリーの中でも特に糖質に働きかけるので、甘いものが好きな方におすすめです。
桑の葉をコンスタントに摂取するためには、お茶が一番適しています。
素材を乾燥させたものを煮出して飲むので、素材の成分だけを摂取できるのです。
サプリに加工してしまうと、素材以外の成分も必ず含有することになります。
ダイエットのために桑の葉を活用するなら、素材100%のお茶や粉末がベストなのです。
粉末の場合は食物繊維も一緒に摂ることができるので、繊維質が不足している方におすすめです。

 

肥満の一番の原因は脂肪の摂りすぎと言われていますが、意外と糖質太りの方も多いのです。
肥満の治療薬を服用してもまったく変化がない方は、糖質太りである可能性が高いです。
この場合、糖質制限をしなければ痩せることはできないので、甘いものが好きな方には厳しいでしょう。

 

桑の葉を活用すれば、甘いものを摂りながら痩せることが可能です。
食べたいものを我慢すれば痩せるかもしれませんが、多大なストレスが溜まるはずです。
ストレスの溜まる方法を成功させるのは至難の業です。
痩せた状態を維持させるためにも、食べても痩せられるダイエットをおすすめします。

青汁選び

当サイトでは桑の葉を使用した青汁のことを書きましたが他にも青汁に含まれる植物は数多くあります。
有名なところでは大麦若葉やケールです。
最近では明日葉なども人気になっています。
そこで他の植物を使った青汁も気になるという方はこちらの青汁比較を参考にしてみると良いと思います。
様々青汁商品について書いています。

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ