桑の葉茶と桑の葉青汁の違い

桑の葉茶と桑の葉青汁の違い

桑の葉茶と桑の葉青汁の違い

桑の葉は、日本のみではなく世界各地に自生しているクワ科の落葉樹です。
日本では、古くから蚕の餌として用いられてきたことで知られています。
養蚕が盛んな地域では、昔から桑の葉をお茶にして飲む習慣があったようで、中国でも桑の葉や枝や実を漢方の原料にしていたとされています。
桑の葉には様々な栄養素が豊富に含まれており、注目を集めています。
主な効能としては、便秘改善効果や太りにくい体を作るダイエット効果、メタボリック症候群の予防、また、食後の血糖値の上昇を緩やかにしてくれるため、糖尿病にも良いとされています。
桑の葉の代表的な飲み方は、桑の葉茶や桑の葉青汁です。
この二つの違いについて説明します。
まず、桑の葉茶は青汁に比べて味が飲みやすいです。青汁に抵抗がある方には、お茶で摂取する方法をおすすめします。
自宅で煮出してペットボトルに詰めれば、外出先でも手軽に飲めるので便利です。
青汁は、味に癖があるため、飲みにくく感じる場合がありますが、食物繊維やその他の栄養素などを壊さずそのまま粉末にしているので、摂取したい栄養素が無駄なく摂取できます。
また、熱を加えないため、熱に弱いとされるビタミンなどの成分も壊すことなく効率よく摂取することができます。
桑の葉茶も桑の葉青汁も、どちらもおすすめです。


ホーム RSS購読 サイトマップ